So-net無料ブログ作成
検索選択

袖丈つめ [お直し]

 袖丈をつめる時には

袖丈つめポイント1.jpg

袖口を折ったときに縫い代幅の上部(写真では下の部分)が
本体と同寸になるように袖下縫い目(写真右チャコ印)
袖下縫い代側(写真左チャコ印)に袖口から縫い直します。
この時、ほつれないように袖口の少し上から返し縫をします。

この方法はスラックスの丈つめをするときにも行います。
縫い代で幅を出すことによって袖口・スラックスの裾のつれを
防ぐことが出来ます。

近況

 未だ部屋の整理中です。

 そんな中、昨日電気を蛍光灯からLSDに取り換えました。以前に比べて部屋がとても明るくなりました。

 今日は部屋の整理を中断して、明日までの予定で昨日いらしたお客様のお直しをしています。

 明るくなった事によって作業がしやすくなったように感じます。


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ノンタイトル

 現在、部屋の整理中です。


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。