So-net無料ブログ作成

近況 [お直し]

 この時期、お直しで多いのがダウンジャケットや裏付きのジャケットの縫い目のほつれです。
 
場所やほつれ具合にもよりますが、ほつれに近い部分の裏地の縫い目をほどき、ほつれ部分に接着芯を貼ってから少し内側を縫っています。
 縫った後はシルクピン(待ち針)の取り残しがないか

検針器.jpg


 裏地を閉じる前に検針器で調べています。
 裏地があるお直しやオーダーだけではなく一重仕立ての服、帽子・バックなどの際も使用しています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。